授業紹介-人間力 | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

授業紹介-人間力

授業紹介 人間力

農業経営者に求められる倫理観、哲学、使命感を学び、それらを深化、統合、発展していく資質、能力、態度を育む。

人間力で学べること

リーダーとしての資質や、教養を身に付けます。講師との対話や各自の発表、ディスカッションを中心に講義が進み、一見すると難しそうな内容も、自ら考える時間があるため、いつの間にか講義に集中し、自然と理解できます。どの講義も、経営者・地域のリーダーとしての資質を育成し、農業経営者にとって必要なことは何かを考えさせられます。

人間力入門

経営者のための経済学 【1年次前期】
主な講師陣清水 徹朗 ((株)農林中金総合研究所基礎研究部長)
小野澤 康晴 ((株)農林中金総合研究所調査第一部部長)
南 武志 ((株)農林中金総合研究所調査第二部副部長)

最初に、農業経営にとって一般経済の動向がどのように影響をもつのか、日本経済の歴史のなかで農業がどのような変化をたどってきたのかという観点から、農業経営と経済について大まかに概観する。そのうえで、経済学の考え方の基本を説明し、農業・農業経営が経済学の視点からどうとらえられるのかを解説する。後半は、主に日本経済を題材にして、新聞等で取り上げられる話題との関連性をもたせつつ、貿易の理論、貨幣と金融、財政について説明し、日本経済の課題について歴史的な経緯も踏まえて説明する。

経営者のための社会学 【1年次前期】
主な講師陣原田 雄太郎 (日本農業経営大学校専任講師)

第1講ではまず、学生とのディスカッションおよびグループワークを通して社会の多様性や社会学の範囲について知り、経営者として社会学を学ぶ意義について確認する。第2講以降は、家族の変容、自由、格差をキーワードにしながら、それらに対する古典的な捉え方から現代における捉え方・諸相を概観すると共に、ディスカッションやグループワークを通して考えを深める。

世代と消費 【1年次後期】
主な講師陣三浦 展(社会デザイン研究者、 (株)カルチャースタディーズ研究所代表取締役)

本授業では、まず日本の人口の変遷とそれに関わる今後の日本の課題等を把握する。そして世代や富裕層に焦点をあてた消費動向とそのマーケティングを学ぶ。

経営者のための哲学 【1年次後期】
主な講師陣大平 浩二(明治学院大学経済学部教授)

次世代農業経営者としてわが国の農業を担うために 必要な思考上の基盤を身につけ、経営者としての 意思や哲学そして農業観を磨く。第一線で活躍する 各界の経営者の経営思想・経営哲学に触れつつ、自らの農業経営のあり方を考える。

経営者のための英語力 【1年次後期】
主な講師陣黒川 恵子(会議通訳)

農業経営に必要な情報がグローバルに行き来する現在、情報を直接読み解く技能が必要であり、実践的英語の基礎力を身に付ける。英語と日本語の発想・表現の違い、交渉の仕方の違いを知り、英語を自分なりに利用・応用する方法を学ぶ。

経営者のための心理学 【2年次前期】
主な講師陣野田 稔 (明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授)
浜田 正幸(多摩大学経営情報学部教授)
河合 太介(経営コンサルタント、早稲田大学大学院商学研究科非常勤講師)

農業経営をおこなう上で知るべき心理学として、一般的組織マネジメントに必要な社員モチベーションや自己認知などの心理学の領域にフォーカスする。それと同時に地域にとけ込み農業という産業に従事する固有の事象に対する心理学である。本講義では、この二つの領域をバランスよく取り扱うこととする。

リーダーシップ

経営者としてのリーダーシップ 【1年次後期】
主な講師陣古山 和宏 (公益財団法人松下政経塾塾頭)

リーダーとなるために必要となる普遍的な考え方や哲学を学ぶとともに、2年次の「事業計画書」作成に向けた基礎的な講座と位置づけ、授業では、学生同士の検討会、プレゼンテーションを経て、将来の「事業趣意書」を作成する。

地域・農村のリーダーシップ【2年次前期】
主な講師陣門間 敏幸 (東京農業大学名誉教授)

この授業では、リーダーシップの本質を整理するとともに、地域・農村におけるリーダーシップの特質と特異性を明らかにする。さらに、リーダーシップの源泉となる経営者としての資質や能力の特質を学ぶとともに、農業経営者の能力における総合力の重要性を整理する。

グローバル発想

日本農業史 【2年次前期】
主な講師陣堀口 健治 (日本農業経営大学校校長)

封建制を打ち破り資本主義が全面展開する背景に産業革命がある。蒸気機関から電機、内燃エンジンという技術史を学びながら、なぜ農業はこの流れ(労働手段的技術)にすぐに乗れなかったのか・・・労働対象技術の種苗改良等に力を注ぐのはなぜか、をまず考える。この農業技術論から、次いで有限な土地に規定される農業の発展史(寄生地主制の展開等)、世界的に家族経営が長く主流になる世界的傾向の背景等を理解した上で、日本農業の近現代史に入る。

特別活動

Hip hop ダンス 【1年次前期・後期】
主な講師陣麻生 陽介(Hip hopダンサー)

体育的活動、文化的活動等を通じ、幅広い経験を積みながら、自主的な態度を育てるとともに、自己の在り方・生き方を考える能力を養う。

ヨガ 【2年次前期・後期】
主な講師陣羽根 綾子(ヨガインストラクター、Jivamukti Yoga正式指導者)
華道 【1年次前期・後期】
主な講師陣奥平 清祥 (石草流いけばな家元後継)
囲碁 【2年次前期・後期】
主な講師陣矢代 久美子 ((公財)日本棋院 棋士(六段))

リーダーシップ 経営者としてのリーダーシップ

信頼や協力を得られる経営者としての資質を培います。
古山 和宏
古山 和宏公益財団法人松下政経塾 顧問

本講義では、経営理念や経営者に求められる条件を検討し、農業経営者のリーダーシップについて考察することによって、地域や農業経営に関係する人々から信頼、協力を得られる経営者としての資質を培うことを目的とします。2年次の「事業計画書」作成に向けた基礎的な講座と位置づけ、授業では、学生同士の検討会、プレゼンテーションを経て、将来の「事業趣意書」を作成します。

農業を通じてどう社会貢献できるかを考えることができました。
〈第3期生〉岩品 孝則
〈第3期生〉岩品 孝則静岡県出身

経営の軸となる事業趣意書の作成を行うことで、農業が抱える現状や問題から、農業をすることでどのように社会へ貢献できるのか、その志の部分を考えることができました。私自身、農業をする上でその部分が曖昧だったので、とても有意義な時間になりました。他にも松下幸之助が残した経営やリーダーシップとは何たるかを学びました。今後経営をしていく中で、松下幸之助の経営信条を参考にしながら、オリジナルのものを確立していきたいです。

特別活動 ヨガ

ヨガやインド式の語らいを通して、 心と体を強くします。
羽根 綾子
羽根 綾子ヨガインストラクター、Jivamukti Yoga正式指導者

ヨガを通じて心と体の健康を目指します。古くからインドに伝わるヨガの行法や哲学を通して、日々の生活や自分自身との向き合い方、目標に向かう事のインスピレーションに繋げていきます。授業では、インドに古くから伝わる健康法、呼吸法、アサナ(ポーズ)、マントラ(お経)、クリア(浄化法)などの身体的なアプローチで心と体を強くします。また、サットサンガ(インドで行われる自分の意見や思いを話す機会)にて、毎週異なるテーマについて皆で話し合います。

自分の伸ばすべき点や改善点を考えることができました。
〈第2期生〉森下 信義
〈第2期生〉森下 信義富山県出身

心身ともに自分自身と向き合える授業でした。自分がやりやすいポーズや苦手なポーズを通じて、何を伸ばしていけば良いか、何を改善していけば良いかを考えることができました。就農すると自身と向き合う時間が減ると思うので、少しでも取り入れていけたらと思います。

カリキュラム・教員
授業紹介
カリキュラム紹介
ゼミ活動
科目一覧
学校行事
講師紹介
教員紹介