教員紹介 佐藤吉徳 | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

教員紹介 佐藤吉徳

教員紹介

佐藤 吉徳

<主な経歴>

青森県出身、農家に生まれる。
地方の高校を卒業後、農業者大学校(以下「農者大」)で本格的に農業を学び始める。
卒業後、一般企業に就職し、関東近郊で働く。
その後、農業者教育への夢を実現すべく、スタッフとして一般社団アグリフューチャージャパンに参画。

<担当業務>

AFJの事務廻り、学生サポート、WEB担当。
情報発信ツールを活用し、日本農業経営大学校を対外的にPRしていくことを主に、セミナーの運営や学生生活等のサポートを担っています。

<趣味・特技>

趣味:ゴルフ、食べる、太る
特技:煮卵作り、同僚や友人にバレないようにこっそり太る

佐藤さんにインタビュー!

Q:農者大ってなんですか。

佐藤さん:
農水省が設立した、農業者を育てる教育機関です。40年以上の歴史があって、卒業生の中には、今の農業界におけるリーダー的存在になっている人もたくさんいるんですよ。
農業技術はもちろん、経営の勉強もあって、農家での実習が特に勉強になりました。

―――――農者大での1番の思い出を教えてください。

佐藤さん:
やっぱり寮生活の印象が強いですね農者大は全寮制で、毎日みんなでご飯を食べて、風呂に入って、寝て~ってするんで、すごく深い『絆』が生まれるんですよkira01.gif
個性は強いけど、『人の喜びが自分の喜び、悲しみはみんなで分けよう!』っていう感じの、熱いヤツが多かったです。

―――――その『絆』は、今でも続いていますか。

佐藤さん:
もちろんhare.gif
農業って一人じゃできなくて、必ず相談に乗ってくれたり、情報交換してくれる仲間が必要なんです。
そういう一生付き合っていくような仲間ができたのも、農者大での生活があったからこそかな 日本農業経営大学校でも、農者大と同じかそれ以上に、熱い一生の仲間と出会えますので、入学生の皆さんは楽しみにしていて下さい。

Q:佐藤さんの会社でのポジションは

佐藤さん:
ぞうきんですかね。みんながこぼした汁を拭くみたいな・・・違うか!?
ムードメーカーというとおこがましいですが、「みんながストレスをためず、楽しく仕事ができたらいいな」と、いつも考えてます。

―――――特技に「こっそり太る」とありますが、会社の人にはバレてないんですか。

佐藤さん:
たぶんバレてないと思いますね。それか、実はバレてるけど触れちゃまずいと思われてるか
実際に、会社に入ったころより40kg太ったときも、誰にもツッコまれなかったんですよ

―――――ダイエットに興味はありますか?

佐藤さん:
最近ワイシャツがきつくなったり、スーツもきついんですよね。で、とうとう先週足が痛くなって、もしかしたら痛風かも・・・!?
本当に痛風だったら、ダイエットも考えようかな…

Q:将来の夢はなんですか。

佐藤さん:
『半農半漁』!!

―――――『半農半漁』とは。

佐藤さん:
半分農業、半分漁師・・・なんかそういうの楽しそうじゃないですか
最近、魚をさばくっていうのをやり始めておもしろいなぁと思って魚釣りをするのも好きだし、料理をするのも好き。もちろん、食べて太るのも好き(笑)

Q:今後日本農業経営大学校でやりたいことはなんですか。

佐藤さん:
入学してくる学生さんに、とことん付き合っていきたいと思います。
日本農業経営大学校には、全国から色んな価値観をもった人が集まってくると思うので、その一人ひとりと向き合いながら、一緒に迷ったり悩んだりしたいです。

―――――学生に対してどんなサポートを考えていますか。

佐藤さん:
まだ学生が入学していないので、なんとも言えませんが、研修先を探したり、相談にのったり、なんでもやりますbikkuri01.gif
あとはお酒を飲みすぎないようにとか、ちゃんと寮に帰るようにとか、魔物につかまらないようにとか(笑)

―――――魔物!?

佐藤さん:
ほら、東京って誘惑多いじゃないですか。学校を卒業したら実家に帰るはずが、そのまま都会の魅惑に溺れて帰れなくなっちゃったり。。。
学生の皆さんには、誘惑という魔物に負けないで、農業の道をまっすぐ進んでほしいですね

学生の皆さんへメッセージmail.gif

今の気持ちを決して忘れることなく、頑張って下さい♪
東京には魔物が、た~くさんいますから!!

カリキュラム・教員
授業紹介
2年間のスケジュール
ゼミ活動
科目一覧
学校行事
教員紹介