日本農業経営大学校

学生の方はこちら学生の方はこちら

日本農業経営大学校は、次世代を担う農業経営者、そして地域農業のリーダーを育成します。日本農業経営大学校は、次世代を担う農業経営者、そして地域農業のリーダーを育成します。

本校が目指す人材像

ますます広がる農業の可能性に対応しうる、多様な個性を育みます。
農業経営者、そして地域農業のリーダーへの成長を目指し、様々な能力を養います。

  • 在学中に、学生自らが経営の将来ビジョン及び到達目標を定め、さらに卒業後は、それぞれの現場での実践を重ねることにより、目指す人材像の実現に努めます。
  • 本校では、在学中のみならず卒業後も、継続的な学習の機会を提供することにより、目指す人材像への到達を支援します。

お問い合わせ資料請求はこちら

卒業生

卒業生

日本農業経営大学校で
育む4つの力

農業経営者には、消費者のニーズを把握し、安定的に生産し、多様な販路を確保する経営手腕が求められます。
また、「地域の農業」や「異業種を含む各界との連携」をリードする「人間的な魅力とリーダーシップ」が
必要です。日本農業経営大学校では、次世代の農業経営者に必要な4つの力をバランス良く育みます。

人間力

  • 経営力経営戦略、マーケティング、
    会計・マネジメントなど

  • 社会力フードシステム、食生活・
    食文化、食品産業など

  • 農業力農業生産、資源・環境、
    政策と法律など

  • 人間力リーダーシップや
    コミュニケーション力
    など

東京での2年間全寮制が育む
農業経営者の力と仲間との絆

2年間の集団生活を通じ、経営者に求められる、
自主性・自律性を育むとともに、多様な価値観を学びます。

お問い合わせ資料請求はこちら

本校は経営者として自立的に考え続ける力を育みます。

卒業研究のご紹介

【その他の卒業研究の内容】

・生産者で地域グループを組織。共同経営での販売会社を立ち上げ、企業と直接取引。(愛知県)
・自家の経営を見直し、高効率と高品質を両立した大規模生産に取り組む。(熊本県)

<地域活性化・ブランディング>
・地元特産品の消費拡大に向け販売経路、商品企画を見直し、新たな需要を喚起する。(山形県)

<自らのキャリアを活用(農業との組み合わせ)>
・自身のキャリアを活かして、農業とフィットネスを組み合わせた事業を展開。(福岡県)
・健康では無く、美容をキーワードにした有機農産物の新たな販路を開拓。(福岡県)

カリキュラム

カリキュラム

学校紹介

卒業生の活躍

卒業生たちがつながり、切磋琢磨しながら、日本中に新しい農業を生み出しています。

お問い合わせ資料請求はこちら

〈第1期生〉 中瀬 健二

農業出身→親元での独立就農

卒業後も、会員企業交流会やゼミの現役学生の研究発表時に集まり、就農後の経.過報告や情報交換を行っています。壁にぶつかった時の失敗談や解決策を聞くと、みんなの頑張りや成長が見えてきて、自分も負けていられない!という気になります。

卒業生の活躍

学生の進路について

卒業生

卒業生

学費・助成金

本校2年間で必要な主な費用

入学金 なし
授業料 60万円/年 120万円(2年間)
寮費(朝・夕食あり) 100万円/年 200万円(2年間)
実習費用 選択する実習先により変動
合計 約320万円(2年間)

※その他:交通費・昼食代などが発生します。

助成金

農業次世代人材投資資金(準備型:旧青年就農給付金)

150万円/年 300万円<2年間>

注:

  • ①日本農業経営大学校は、全国型教育機関として認定されています。
  • ②農業次世代人材投資資金については、要綱等を十分ご確認ください。

特待生制度

年間160万円の給付型奨学金を2年間支給

本校が求める優秀な人材を幅広く確保するため、農業法人代表者の子弟や幹部候補者並びに認定農業者の子弟に対し、授業料、寮費相当額の奨学金を付与して本校で学ぶ機会を提供します。

→詳しくはHP「対象とされる受験者(特待生入試)」のページをご覧ください。

オープンキャンパス
のご紹介

日本農業経営大学校『オープンキャンパス』及び『学校説明会』を開催します。

オープンキャンパス

オープンキャンパス

入試情報

特待生入試

特特生入試

特定の条件を満たした特待生には、1人当たり年間160万円の給付型の奨学金が支給されます。

一般入試

2018年度入試情報

よくある質問

Q他の農業者教育機関にはない、本校の強みは何ですか?
A「経営力」「農業力」「社会力」及び「人間力」という、農業経営者に必要な能力をバランスよく育むことができます。また、全国レベルで農業を実践する仲間を持つこと、農業界・産業界・学界・行政等に幅広いネットワークを構築できることも大きな強みであると考えています。
Q卒業後のフォローアップ体制はどうなっていますか?
A卒業後もフォローアップ研修や通信講座、さらには同窓会の設置等、様々な観点で農業経営の実践をサポートします。また、新規就農希望者に対しても、会員等の幅広いネットワークを活用した就農サポートに取組みます。

さらに詳しい情報はこちら

よくある質問

よくある質問

日本農業経営大学校日本農業経営大学校

アグリフューチャー
ジャパンについて

日本農業経営大学校を運営する一般社団法人
アグリフューチャージャパンは、
「農業経営者」育成を目的に国内約260の企業・
団体等の協賛により運営されている組織です。

一般社団法人アグリフューチャージャパンの会員一覧はこちら