生源寺 眞一 | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

本校について

生源寺 眞一(名古屋大学大学院教授)

生源寺 眞一

日進月歩の新しい姿と人類史上変わらぬ本質

1951年愛知県生まれ。東京大学農学部卒。農林水産省研究員などを経て、1996年東京大学農学部教授。2011年から名古屋大学大学院生命農学研究科教授。これまでに東京大学大学院農学生命科学研究科長、日本フードシステム学会会長、農村計画学会会長、食料・農業・農村政策審議会委員、国土審議会委員などを務める。現在、日本学術会議会員、公益財団法人生協総合研究所理事長。

農業への思い

現代の農業は日々刻々進化しています。技術の面では、5年も離れていれば浦島太郎になることもあり、経営面でも、産業分類上の農業の領域を超えた挑戦や提携が当たり前になりつつあります。同時に、みずから育ちゆく動物や植物の生育環境をコントロールし、人間の生命と健康に不可欠の食料を生み出す営為として、農業には時代を超越した存在価値があります。日進月歩の新しい姿と人類史上変わらぬ本質。これが農業の魅力です。

学生へのメッセージ

農業経営もチームプレイの時代です。多様な人材のパワーを引き出す経営管理、真剣勝負で模索する取引先との連携。内外ともに人とのつながりがものを言います。そうであればなおさら、自分自身を見失わない心構えが大切です。全国から集う個性豊かな同級生との交わり、経験豊かな先輩としての教員との対話があなたを磨きます。私もそんな観点から、専門の情報に加えて、いま取り組んでほしいことをお伝えするつもりです。

本校について
学生の皆さんへメッセージ
本校設立の背景と趣旨
本校の特徴・得られるもの
各界メッセージ
教育理念・教育活動方針
教育課程及び教育の方法