日仏農業学校連携プロジェクト | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

活動レポート

日仏農業学校連携プロジェクト

活動レポート:2018年10月29日
日仏農業学校連携プロジェクト

~フランスの教育関係者等の視察を受けました~


本日、フランスから5校の農業高校の校長先生が来校されました。


これは日本、フランスの両国政府が連携して農業学校の交流を図るもので、今回はフランス農業・食料省、駐日フランス大使館、日本の農林水産省の方も同席し、本校の教育目的・教育内容等について意見交換を行いました。


フランスにおいても、農業経営をどのように学ばせるべきかを詳細に検討しているとの事で、本校の教育内容等に対し活発な質疑応答があったほか、本校卒業後のフランスへの継続研修の可能性、農業の社会的役割等にまで話題が多岐に及びました(通訳がつきましたが、すべてフランス語でのミーティングでした(汗))


意見交換のあとのランチでも、フランス語、英語、日本語(先方の校長先生のうちのお一人は日本留学経験がおありでした)が入り混じりながら積極的な議論が継続されました。
今年5月にも台湾からの要望で本校の教育について説明行っており、農業経営に関する問題意識とニーズはグローバルに広がっているようです。


我が国も負けていられません。本校は引き続き最先端の農業経営教育を実践して参ります!

LINEで送る
Pocket

学校説明会など
学校説明会
セミナー情報