対象とされる受験者 | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

対象とされる受験者

対象とされる受験者

対象とされる受験者(一般入試)

募集対象者

入学時に必要な農業従事・農業研修経験

受験時に満たしている必要はありませんが、次のとおり入学までには一定の農業従事・農業研修経験が必要となります。

出願資格

学歴 年齢
2021年度入学生 高等学校を卒業した者又はこれに準ずると認められる者 1980年4月2日~2002年4月1日生まれの者
(入学する年の4月1日時点で19歳以上40歳以下の者)
2022年度入学生 高等学校を卒業した者、2021年3月卒業見込みの者又はこれに準ずると認められる者 1981年4月2日~2003年4月1日生まれの者
(入学する年の4月1日時点で19歳以上40歳以下の者)

募集人数

2021年度入学試験 一般入学試験 20名(20名には特待生を含みます)
2022年度入学試験 一般入学試験 5名(定員20名の内、2020年度に実施する試験で5名募集します)

対象とされる受験者(特待生入試)

募集対象者

今年度より社会人・非農家に対象者を拡大

出願資格

※子弟は、農業法人代表者・役員又は認定農業者から二親等以内とします。
詳細は募集要項の募集対象者をご覧ください。

出願資格

高等学校を卒業した者又はこれに準ずると認められる者
入学する年の4月1日時点で20歳以上40歳以下の者
入学までに原則3か月以上の農業従事・農業研修経験が必要

募集人数 6名

奨学措置

特待生については、1人当たり年間160万円の奨学金を支給

給付停止措置

返還措置

※返還措置を設けるため、入学に当たっては連帯保証人が必要

その他

特待生入学試験で不合格になった者であっても一般入学試験の合格水準に達していると認められる者については、一般入学試験の合格者として入学することが可能です。

対象とされる受験者(農業経営者入試)

募集対象者

既に自家又は農業法人の農業経営の主体を担っている者

出願資格

募集人数

2名(日本農業経営大学校の入学定員20名の外数として募集します。)

入学年度

農業経営者入試合格後、3年以内に入学することとし、入学年度は受験者が決定する
自らが本校入学のため不在になる期間を補うための従業員を育成したり、カバーするシステムを構築する時間的猶予を与えるものです。

農業経営者入試のメリット

入試情報
入学試験の詳細
本校に迎えたい受験者像
対象とされる受験者
入試における留意点
学費・奨学金等
入学者の属性
AFJ会員の受け入れについて