授業紹介-社会力 | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

授業紹介-社会力

授業紹介 社会力

農業経営者に求められる農業経営環境や諸制度を中心に学び、環境に適応し、かつ環境を創造しうる資質、能力、態度を育む。

社会力で学べること

フードシステム、食生活・食文化、食品産業の講義では、農業と深く結びついた食の現状を学びます。農村地域の活性化に関する講義は、講師も多彩で、学生の出身地域の話も多く聞くことができます。まさに今後農業、農村、食に携わる上で必ず直面する課題が中心です。講義を受け、自分はそれらとどのように向き合っていくのかを考えることができます。

社会力入門

フードシステム論 【1年次前期】
主な講師陣
中嶋 康博 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
中嶋 晋作 (明治大学農学部専任講師)

食と農とそれらを支える社会的枠組みの現状と課題をフードシステムの概念を通して学ぶ。食生活の変化、食をめぐる産業、社会的に必要とされる制度の実態と背景を社会科学的視点、特に経済学的視点に基づいて、理解して考察できる思考方法と専門知識を身に付けることを目的とする。

消費者・食生活・食文化

食生活と食文化【1年次後期】
主な講師陣
武見 ゆかり (女子栄養大学栄養学部教授)
小岩井 馨 (女子栄養大学栄養学部助手)

地域で生活する人々の多様な「食の営み」を、環境要因も含め構造的に整理し、国際的にも評価が高い日本の伝統的な食事パターンや食文化に関する理解を深めることを目的とする。

食品産業と農業【2年次前期】
主な講師陣
清水 みゆき(日本大学生物資源科学部教授)
緩鹿 泰子(日本大学生物資源科学部研究員)
大和田 興(茨城県農業総合センター農業研究所研究嘱託員)

食品製造業(食品工業)、食品流通業、外食産業から成る食品産業は、日本中のどこにも立地している。最終消費者と食品産業、食品産業と農業および関連産業との関係について、その歴史と現状を知り、どうすれば食品・関連産業と日本農業との関係をより良いものにできるかを考える。

消費者運動と食・農のパートナーシップ【2年次前期】
主な講師陣宮﨑 達郎 ((公財)生協総合研究所研究員)

生産者と消費者は、市場における供給側と需要側という立場であるが、ソーシャルメディアの発達などにより、その関係はより近く、対等になっている。消費者とパートナーシップを形成し価値共創していくことが、生産者の経営や社会的貢献にとって重要になってきている。
本講義では消費者運動と農業の接点をめぐって、具体的な事例を挙げてケーススタディとディスカッションを行い、農業経営者が消費者の信頼を獲得し、消費者とのパートナーシップを構築していくために必要なことは何であるかを考える。

農村地域の活性化

農山村の再生戦略 【1年次前期・後期】
主な講師陣
図司 直也 (法政大学現代福祉学部教授)
荘林 幹太郎 (学習院女子大学国際文化交流学部教授)
橋口 卓也 (明治大学農学部准教授)
筒井 一伸 (鳥取大学地域学部教授)
佐久間 康富 (和歌山大学システム工学部准教授)
神代 英昭 (宇都宮大学農学部准教授)
山浦 陽一 (大分大学経済学部准教授)

この授業では、第1に、農山村の再生戦略にかかわり、マクロ的状況と従来までの 政策の概況を講述する。第2に、多面的な農山村の再生の要素として、「農林業」「生活」「資源・コミュニティ」の各論について論じる。そして、第3に、それらを総合化して、ヨーロッパの農山村再生の動きから学びながら、我が国における農山村の内発的発展の実践的方向性について学ぶ。

協同組合論 【1年次後期】
主な講師陣
阿高 あや (一社)日本協同組合連携機構 副主任研究員)
石田 正昭 (龍谷大学農学部教授)
小山 良太 (福島大学経済経営学類教授)
松岡 公明 (農林漁業団体職員共済組合理事長)

協同組合を運動(association)と事業(enterprise)の矛盾的統合体として捉え、協同組合の基本原理を踏まえたうえで、今日の協同組合の実態と課題を学ぶ。第1に、協同組合は歴史的な存在形態であるから、成立から今日までを歴史的に整理する。第2に今日の農と食にかかる協同組合として、生活協同組合(消費者購買生協)と農業協同組合(総合農協=JA)を対象として、その運動と事業の展開と仕組みを学ぶ。第3に、地域でみられる「新しい協同」の動きから、協同組合に求められる社会での役割を検討する。この授業では、協同組合論の専門的研究者をゲストスピーカーとして招へいし、具体的な講義を行う。

集落営農とJA出資型農業法人【2年次前期】
主な講師陣小林 元 (広島大学助教)

集落営農を①「むら」(地域と地域資源)、②「農法」(技術の発展)から捉え、歴史的発展と今日的な実態から集落営農の特徴とその意義を理解することを目的とする。集落営農は地域の実態に合わせて多様な発展がみられることから、地帯構成区分に注目して、さまざまな実践事例のケーススタディからその要点を学ぶ。そして単に集落営農を農業生産の組織化に矮小化することなく、地域づくりの視点から読み解くことで、受講者自身が将来地域のリーダーとして活躍することを期待し、その一助となることを目的とする。

農村社会と女性 【2年次後期】
主な講師陣
安倍 澄子 (前 日本女子大学客員教授)
原 珠里 (東京農業大学国際食料情報学部教授)

農業経営をとりまく変化に適応し、また、その変革に向けて農山村女性が取り組む活動状況や問題・課題を理解するとともに、女性活動が地域活性化に連動するための取り組み方や活用すべき諸制度を学び、地域社会の新たな動きを創りだす資質・能力を身に付けることを目的とする。

地方行政との連携・協働【2年次後期】
主な講師陣大江 正章 (出版社コモンズ代表/ジャーナリスト)ほか

農業、地域づくりに関する市町村の首長や職員の先端的な政策や発想、地域への波及効果について、当事者およびそれらの詳細に詳しい講師から学ぶ。これまで進めてきた政策を具体的に紹介し、それらが生まれた背景、現状、達成点、今後の課題について講義していただく。あわせて、これからの農業の方向性、若い農業者に期待される役割を検討していく。

社会力入門 フードシステム論

フードシステムの視点から、 これからの食と農の課題を考えます。
中嶋 康博
〈担当講師〉中嶋 康博
東京大学大学院農学生命科学研究科教授

農産物が生産された後、消費者に届くまでには、加工業、流通業、飲食店など実に多くの産業が関与しています。それぞれの経済活動や経済部門を総称してフードシステムと言います。それら産業が織りなす有機的関係を理解することなしに、現代の農と食を論ずることはできません。本講義では、フードシステムの視点から、食料消費の動向や食品産業の産業構造を読み解きながら、これからの食と農の課題を考えていきます。

自社商品のターゲットになりうる多くの市場が見つかりました。
東 将平
〈第3期生〉東 将平熊本県出身

フードシステム論を学ぶ中で、食料が消費者に届くまでの流れを詳しく知ることができました。それによって自分の中で自社商品のターゲットになりうる多くの市場を見つけることができました。また堅い話だけでなく最新の主婦のニーズや消費動向などの面白い話、新しいフードシステムの形やそれが与える農業への影響などの話もあり、自分の描く農業経営に活かしていきたいと感じました。

カリキュラム・教員
授業紹介
2年間のスケジュール
ゼミ活動
科目一覧
学校行事
教員紹介