農業法人の人材育成・採用担当者の方へ | 農業経営のための農業の学校【日本農業経営大学校】

農業法人の人材育成・採用担当者の方へ

農業法人の人材育成・採用担当者の方へ

農業法人の人材育成・採用担当者の方へ

日本農業経営大学校は、持続可能な農業を確立できる農業経営者、世界的な視野と地域での実践力を兼ね備えたリーダーを育成する事を目的に設立されました。 農業のあり方は実に多様であり、例えば家業として家族単位で代々続けられてきた農業経営の形もありますし、大規模で企業的な経営を目指す形もあります。本校ではそういった多様な農業の形を認め、学生の一人一人が思い描くそれぞれの農業経営の実現に向けたサポートを行っております。

農業法人の人材育成担当者の方へ

日本農業経営大学校では一般入学試験において農業法人からの推薦制度を設けています。 農業法人の従業員は、派遣元の農業法人からの推薦書があれば小論文審査が免除されます。(ただし、小論文は面接の際に使用しますので、入学志願票とともに提出する必要があります。)また、農業法人従業員枠のメリットとして、派遣元となる農業法人が派遣しやすくなるよう教育カリキュラムを柔軟に運用する事としており、教育プログラムについては入学後に個別対応する事としております(例えば、1年次の先進農業経営体派遣実習、2年次の企業実習を所属している農業法人で勤務するなど)。  詳細につきましては、お気軽にお問合せ下さい。

農業法人の採用担当者の方へ

企業経営の発展と安定の為には経営の中枢を担う柱となる人材が不可欠です。特に大規模化や企業的経営を推進する農業法人にとって、法人の理念や事業の目的を理解し現場と経営の調整役となりうるミドルマネジメント層や、経営者の右腕として活躍し、次代の経営幹部として組織を牽引出来るトップマネジメント候補の確保は喫緊の課題となっており、日本農業経営大学校にも非常に多くの要望やお問い合わせが寄せられてきております。そこで、本校では農業法人さまからのご要望にお応えする為に広く求人票を受け付ける事と致しましたので、ご興味をお持ちの農業法人の採用担当者様はお気軽にお問合せ下さい。ただし、求人票の受付をもって本校学生のご紹介等をお約束するものではございませんので予めご了承ください。

進路・卒業後等
就農への応援
農業法人の人材育成・採用担当者の方へ
卒業生の活躍
卒業生・会員専用ページ